.

ハタハタブログ

地理学を専攻する現役地方国立大学生が運営する雑記ブログ。

【ユーラシア大陸横断】大阪-上海 蘇州号(そしゅうごう)2泊3日の船旅 上海フェリーに乗船 

 2018年の9月14日~9月16日の日程で大阪発上海行きの蘇州号の乗船しました。チケットの購入方法や船内の様子などをレポートします。利用した理由は、飛行機を使わずにユーラシア大陸を横断するためです。

 船旅…響きがいいですね。陸路移動と同じようなロマンを感じます。確かに、現在LCCが発達しており、格安で海外に行くことができます。そんな時代でも、僕は上海に行く機会のある方にはオススメしたい交通手段です。

f:id:hatahataaaa:20190125112558j:plain

水平線に沈む夕日が美しい。

www.shanghai-ferry.co.jp

チケットの購入について

 こちらの上海フェリーの予約フォームから予約しました。入力して送信すると、確認メールが送られてきます。その後、メールの内容に沿って料金を支払います。僕の場合は銀行振込でした。

 ファックスでの予約もできるらしいですが、無難にメールで良いと思います。

 料金は学割(10%)を利用して20,000円でした(内訳:運賃18,000円 燃料油調整金2,000円)。

フェリーターミナルの場所

大阪

goo.gl

 最寄り駅は地下鉄中央線のコスモスクエア駅です。コスモスクエア駅からフェリーターミナルへは無料のシャトルバスが出ていますが、僕はバス停の位置がよくわからなかったので徒歩で移動しました。歩いて10分程度です。

上海

goo.gl

 上の地図でも確認することが出来ますが、最寄り駅はフェリーターミナルのすぐ北側にあります。徒歩5分程度です。

 フェリーターミナル内で両替所を探したのですが、見つけることはできませんでした。(2018年9月16日時点)ただ、ターミナルを出てすぐの場所に銀行はあります。僕は到着日が日曜日でしたので、銀行が開いていませんでした。その場合でも近くのホテルの中に両替機があるので問題ありません。レートは良くないです。

船内での生活

キャビン

 今回利用したキャビンは2等室Bで、いわゆる雑魚寝部屋です。枕と布団は用意されています。シャワー(温水)・トイレは共同です。定員は40人程度なのですが、同じキャビンに乗船していたのは5名程度だったように思います。また、僕も含めて中国人以外の乗船客は、ここ以外のキャビンでは見かけませんでした。

f:id:hatahataaaa:20190125112717j:plain

船内の様子。
言語

 船内アナウンスは中国語→日本語→英語の順で流れます。3ヶ国語です。ほとんど(確認した限り)のクルーは中国人でしたが、問題なく日本語でコミニケーションをとることができます。

食事

 朝食は無料です。割としっかりしていると思います。僕は昼食は食堂で食べていました。ご飯・おかず・汁物でだいたい500円くらいになると思います。夕食はカップ麺の自販機があるので、それを利用していました。カップ麺少し割高ですが、酒税がないのでビールは350ml缶で150円ほどで安いです。そのほかにお菓子等を買うことが出来る売店があります。

まとめ

 LCCが発達した現在、船・フェリーという移動手段は非常にコスパが悪いです。2泊3日で48時間の移動です。はっきり言って暇です。僕もユーラシア大陸陸路横断みたいな目的がなければ使う事はなかったでしょう。

 とはいえ、旅の過程や移動を楽しむことができる人にとっては、間違いなく充実した時間になります。特に陸路移動にロマンを感じる人は、フェリーでの移動にもロマンを感じることが出来るはずです。思わぬ絶景や出会いがあるかもしれません。時間に余裕のある方(特に大学生!!)には、飛行機を使わない移動での旅程を僕はお勧めします。時間はかかりますが、飛行機で上空を飛んだ地域での感動を放棄しているって考えたら、なんだか勿体無くありませんか??